最近の携帯電話のカメラ機能に脱帽

僕が中学生の頃に、当時のJーPHONEからカメラ付きの携帯電話が出ました。今となっては携帯にカメラなんて当たり前ですけど、当時はすごい衝撃でしたね。どこでも写真が撮れて、しかもそれを送ったりできたわけですから。機種が新しくなるごとにカメラの画素数やレンズの質も上がり、携帯についたカメラはどんどん高機能になっていきました。

僕は子供の頃こそすごいなぁと感動し写メールを楽しんでいましたが、次第にそういう機能は「あればいい」程度に考えるようになって、今じゃ高機能な携帯なんてほぼ無頓着。メールと電話、あとはインターネットができればいい程度です。携帯の機種変更自体だいぶしていませんし、年齢の割にそういう電化製品やガジェットツールに興味がない人間になりました。

そんな僕もいい加減携帯を機種変更しようと思い、先日携帯電話ショップへ行ったのですが、もうとにかく驚きの連続でした。携帯電話の画面の大きさや綺麗さ、おサイフケータイだとかの高機能、多種多様さはもちろんのことなのですが、カメラの機能が驚くほど進歩してたんです。まさに脱帽といえるレベルで、今の携帯電話はメールと電話とインターネットができるデジタルカメラといっても過言ではないでしょう。オートフォーカス機能はすでに当たり前、顔認証だったりピント補正だったり手ブレ補正だったり赤目補正だったり、画素数だってデジカメと変わらないんですよ。もうデジタルカメラでしょうこれは。使用しているレンズも結構いいものを使っていたりするみたいで、デジカメ売れなくなるんじゃないかなぁというレベルでした。時の流れと技術の進歩は、本当にすごいですね。