体脂肪率が10%以下なのが自慢なんですって

体脂肪率が10%以下と言うのは、なかなかの身体と言えます。また、男性の望ましい体脂肪率が10%から19%との観点から言っても、体脂肪率が10%以下であることは誇って良いと思います。
他方で、体脂肪率を10%以下にすることはそんなに容易い事ではないのです。なぜなら、厳格な食事管理とともに筋肉トレーニング等の運動に一生懸命取り組む必要があるからなのです。

プロテインはこれがオススメ

では、体脂肪率を10%以下にするにはどうすればよいのでしょうか?体重の増減だけでは体脂肪率は下がりません。と言うのは、体重が減れば筋肉も脂肪も減りますから体脂肪率は変化しないのです。それゆえ、体脂肪率を下げるのであれば、筋肉が減るよりも体脂肪を多く減らさなければならないのです。
そして、体重を減らして体脂肪率も減らすのであれば、筋肉に負荷をかけたトレーニング、たとえばボディービルダーの減量トレーニングを真似たエクササイズに取り組むことが必要となります。
具体的には、腹部の脂肪燃焼を中心とした腹筋エクササイズと有酸素運動が効果的みたいです。

医療用医薬品 : L−アスパラギン酸Ca

一方、食事管理も厳密に行う必要があります。摂取するカロリー量は、基礎代謝に消費される分として糖分や脂質は少なく抑えつつ、タンパク質を、たとえばプロテインを利用して多めに摂取するように心がけます。
具体的に言えば、バナナ1本分、ごはん半分といった分量を減らしつつ、お菓子を食べ過ぎないことです。

解剖生理学 19話「3大栄養素」 - YouTube

以上の観点に取り組めば体脂肪率は落ちていきます。ただし、無理に体脂肪を減らしてしまうと、かえって健康を損なう場合もありますので注意しながら取り組むことが大切です。