どうしてこんな人をヘッドハンティングしたんだろう

うちの会社に先月からやってきたAさんは、他社からヘッドハンティングしてきた人材らしい。上司が言うには非常に仕事ができる人で、前の会社では常にトップクラスの実績を残していたとか。Aさんの頑張りのおかげで、その会社は経営難を乗り切ったようなことも言っていた。
さぞ優秀な人なんだろうし、色々と仲良くできれば自分にとってプラスになることや勉強させてもらえることも多いと思い、Aさんが入社してきてからはできる限りその仕事ぶりを見て、話しかけて、できる限り吸収しようとした。

職務経歴書の書き方

が、Aさんを見ているうちに、「この人そんなに優秀か?」と思うようになってきた。まぁ確かに仕事ができないわけじゃないし、なんかまずいことをやらかしたりするわけじゃない。とはいえ、ヘッドハンティングされるような人ではないように感じるし、わざわざうちの会社が引き抜いてまで入社させたい人材ではない気がする。仕事の早さも普通だし、内容も特筆するものでもない。実際、今月の成績というか内容的には、僕の方がいい。


Aさんから学ぼうと思ってよく見れば見るほど、どうしてこんな人をヘッドハンティングしたんだろうと思う。人が足りていないわけでもないし、この人をいい待遇で迎えて高い給料を払う意味もない気がする。その辺、上司はどう思っているのだろうか。

鹿児島大学就職支援センター/企業の皆様へ

確かに前の会社ではすごい人だったのかもしれないが、会社の質が変わればそこで働く社員の質も変わる。ただ単に、前の会社で働く人がたいしたことない人ばかりで、その中なら優秀に見えたってだけじゃないのかなぁと、Aさんの質を疑ってしまう。どうせヘッドハンティングするなら、もっといい人は他にいただろうになぁ。